グッズ

ロードバイクの電動変速di2かっこいい!!と思ったので調べてみた。

f:id:atomkingu:20170715003332j:plain

見れば見るほどかっこいい

電動コンポの話。

ボタンでシフトチェンジできるとかいいな。

シマノやSRAMやカンパといったメーカーから電動変速が発売されているが、シマノの「di2アルテグラ」という商品が値段的にも手を出しやすいかも。

なので今回はシマノの電動変速について調べてみた。

電動変速とは

コントロールレバーのスイッチを押すことで変速操作を電気信号に変換し、ディレイラーのモーターを動かして変速を行う。モーターの動作にはバッテリーを用いる。

シフトレバーを「グイっ」と押し込む動作が、スイッチの「ポチっ」に変わるってこと。

メリット

  • ストレス軽減
    スイッチを押すだけなので機械式みたいに押し込む必要がない。疲労時のストレスを軽減できる。指先がスイッチに届けば変速できる。
  • スイッチの増設ができる
    増設すれば走行中にハンドルを握り直さずにギアチェンジできる。
    例えば、下ハンに取り付ければ、スプリント中にも使えるし、ハンドルの上部に付ければ、楽な姿勢を維持できるのでロングライドにも使えそう。
  • メンテナンス
    電線なので機械式で使うワイヤーみたいに金属劣化がないので伸びたりしない。なので初めにセッティングが終われば、初期伸びもない。

いまのフレームって電動に対応できるのか

これは、結論から言うと・・できる!やった!

ただ、変えるには内装式と外装式があるので買う際は注意。

内装式

電動変速に対応したフレーム用。取付もバッテリーや電線をフレームに内装できるので見た目もすっきりしてかっこいい!

外装式

バッテリーと電線をフレームの外側に設置すればいいだけ。

なので、今のフレームでも電動変速にできる!

必要な物はSTI,フロントディレーラー、リアディレーラー、バッテリー、電線、ジャンクション2種類(電線を分岐させる部品)だけだ。

スプロケットとかチェーンとかブレーキは今のままでOK。

デメリットも

バッテリー切れ

充電が切れてもそのまま走ることはできるが変速ができなくなる。

ただ、満充電から700キロは走れるみたいだし、残量の確認も簡単にできる。

充電もコンセントはもちろん、USBでも出来るので日々、走行前に確認していれば特に問題は無いと思う。

 メンテナンス

多少、異物が入ってもディレイラーは動作する。その分、調整する際の変速時は、指など挟むと危険だ。自分でディレイラーの調整をするならケガをしないよう注意したい。

まとめ

電動変速はこれからのスタンダードになるのかもしれないと思った。

ただ、人力で走行するというロードバイクの基本的な構造は変わっていないので、電動であろうが機械式であろうが、ロードバイク自体を楽しめることに違いはないと思う。

パーツを替えることにメリット、デメリットはあると思うが、乗り手本人が楽しめたり、モチベーションが上がったりして必要だと感じれば、交換すればいいと思う。

下記はブログランキングのボタンです。

ランキングのポイントが付いて順位が上がっていきます。

励みになっていますので押して頂くと有難いです!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

関連記事

  1. ビンディング

    ロングライドでビンディングが脚の負担を軽減するのは本当だった

    ビンディングシューズの恩恵を受けた「ロングライドで脚の負担…

  2. ロングライド

    挑戦表明。ロードバイク初心者がロングライドに挑戦する。

    やると思ったら、やってみようと思う。用があって6月の後…

  3. グッズ

    物を買うとき何を大事にしていますか?

    一番いいグレードでいいの?ロードバイクに限った話ではないが、物…

  4. グッズ

    ロードバイクのおすすめ漫画を描いた漫画家の過去作品を紹介する

    漫画ばかり読んでる「大人」でもいいじゃないか一昔前なら「漫画ば…

  5. ロングライド

    ロードバイク初心者がロングライドの用意を考えてみた

    ロングライドは100km以上なのか200km以上なのか、はたま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 六甲山

    ロードバイク初心者がヒルクライムのタイムを縮める方法を考えた
  2. グッズ

    ロードバイクの電動変速di2かっこいい!!と思ったので調べてみた。
  3. グッズ

    ビンディングペダルからカチカチ音がするので分解したらドツボにはまった
  4. グッズ

    ロードバイクのおすすめライトCAT EYEのUSBタイプを3つ調べてみた
  5. ローラー

    Zwift(ズイフト)で使えるスマートトレーナーって楽しそう
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。