事故率

自転車事故が高額賠償化してるので改めて自転車保険を考えた

f:id:atomkingu:20170712235052p:plain

保険入ってますか

自分は共済の「個人賠償責任保険」に加入している。

これは、1世帯の1人が加入すれば、家族全員を保障する個人賠償責任保険。

単体では入れなくて共済の生命保険などに対して+140円で付帯できるという物。

補償内容は、日常生活における偶然な事故で、他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりしたことで、法律上の賠償責任を負った場合に、1事故につき3億円を上限として保険金が支払われる。

自分だけでなく、家族が自転車に乗っていて人をケガさせてしまった場合も保証される。

この保険に入っていたので、ロードバイクを買った時は、新たな保険を検討しなかった。

今のままでいいのか

自転車事故の賠償が高額化している。

自分だけでなく家族が他人と事故を起こす可能性もある。

数年前に、神戸で小学生の子供が大人と接触したという事故があった。高額な賠償額だった。

繰り返すが自分だけでなく家族も事故を発生させるかもしれない。

事故を起こさないようにすることが一番だ。

しかし、もし、起こしてしまった時のことを考えて保険内容を今一度見直してみた。

共済の保険内容

月額140円。保証額は最大3億円で、家族全員が保証対象。

ただ、「個人賠償責任保険」単体では加入できないので生命保険など他の商品に付帯している。

自転車事故だけでなく、店で物を落とし壊したとか、犬が他人に噛みついたとかも保証内。

先ほどの神戸での賠償額は9521万円。

本当に事故を起こさない事が重要だが保険に入っていると支払える事ができる。

今の保険で問題なさそうだ。

他にはどんな保険があるのか

今後も損害補償保険が義務化する自治体が増えるかもしれない。

まだ加入していない方の為にも、自分が加入した共済の保険のほかにも特約が付けれるものがあるか調べてみた。

  • 自動車保険
  • 火災保険
  • クレジットカード特約

もちろん、自転車向けの保険というのもある。

さいごに

特約は月数百円から加入できるので、未加入の方は検討してみてもいいかと思う。

特にクレジットカードに付帯できるものもあるので、お手持ちのカードに付帯できるか調べてみてはいかがでしょうか。

サービス内容では示談代行といって、賠償事故を起こし加害者となってしまった場合に、自分に代わって、相手側と解決に向けて交渉するサービスもあるし、弁護士に依頼した場合の費用もついているサービスもある。

人それぞれ考え方や価値観も違うので、自分にとって何が一番最適なのか考案して加入を検討するといいですね。

 保険が付帯できるクレジットカード

イオンカード

日常生活賠償プラン

コースは月払い270円から560円の3種類。

賠償額は3種類とも1億円。

なので270円プランでもいいと思う。

対象はもちろん家族全員で示談交渉あり。

クレジットカード自体は年会費無料。

このように、クレジットによって付帯できる保証があるので、確認してみてはどうでしょうか。

下記はブログランキングのボタンです。

ランキングのポイントが付いて順位が上がっていきます。

励みになっていますので押して頂くと有難いです!

 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

関連記事

  1. 事故率

    ロードバイクで事故したら緊急連絡先に電話してもらおう

    誰に知らせますか?ロードバイクに乗っていてヒヤッとした人は…

  2. 事故率

    ロードバイクで下る!ダウンヒルが怖かったので自転車の事故率を調べてみた

    ダウンヒルが怖かった裏六甲から登れた!2回目の裏六甲ヒルクライ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ダンシング

    ダンシングだけで全力走してみた結果
  2. ロングライド

    もうすぐロングライドという大きなイベントを迎えるための用意まとめ。
  3. グッズ

    ロードバイクの電動変速di2かっこいい!!と思ったので調べてみた。
  4. グッズ

    バーテープがねじれてたのでフィジークの白色に交換してみた
  5. 未分類

    ロードバイクのブログを始めて1ヶ月。思ったこと。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。